猫砂、猫毛、粉塵でも壊れない!ネコ飼いさんにおすすめの掃除機の選び方

猫飼いさんのための!おすすめ掃除機選び方
本記事には広告が含まれています。
困っている人
困っている人

今使っている掃除機が壊れちゃったのよ。

うちは猫を飼っているのだけど、フィルターに猫砂の粉塵がいっぱい付いちゃって。

新しい掃除機を買おうと思うんだけど、猫の毛も猫砂も良く吸い取るおすすめの掃除機ってないかしら。

今回はこんな方に向けて、おすすめの掃除機の種類とその理由を解説します!
最後にビビネコ家で使っている掃除機も紹介しますね。

本記事の内容

  • 猫を飼っていると掃除機が壊れやすいのは、猫砂の粉塵が原因
  • 定期的な掃除にはキャニスター式紙パック掃除機が良い
  • 猫飼いさんは、掃除機を2台体制にするのがおすすめな理由
  • 2台目は、ちょこちょこお掃除に最適なコードレスハンディクリーナー
  • 掃除機を選ぶときに注意したいポイント
  • ビビネコ家で使っている掃除機は三菱BeーK紙パックとシャークハンディ

ビビネコの家も猫2匹がいるため、掃除機を酷使しています(笑)掃除機も今まで2台ダメにしました。

その経験から、これは良い!と思った物、失敗した事、買う時に注意しないといけないなと思った点など、順に解説してゆきます。

高い掃除機も、せっかく買ったのにすぐに壊れてしまったらガッカリですからね。

ビビネコ
ビビネコ

皆さんの生活スタイルと照らし合わせながら、見ていって下さいね!

    

  1. 猫を飼っていると掃除機が壊れやすいのは、猫砂の粉塵が原因
  2. 定期的な掃除にはキャニスター式紙パック掃除機が良い
    1. キャニスター式掃除機の方が圧倒的に長寿命
    2. 紙パック交換はフィルター交換しているのと同じ!
    3. 紙パック式でも吸引力は言うほど落ちない
    4. 猫砂も猫毛も良く取れる吸込仕事率は、500W以上
    5. 粉塵を吸い込んでも壊れないタフさものを買う
    6. 猫の毛を掃除するなら、絶対にパワーモーターブラシを選ぶ
    7. 本体もハンドル、ホース、ヘッドも軽い方がお掃除が断然楽!
    8. フラットヘッドなら家具の下にも入る
  3. 猫飼いさんは、掃除機を2台体制にするのがおすすめな理由
  4. 2台目は、ちょこちょこお掃除に最適なコードレスハンディクリーナー
    1. ほぼ猫砂専用にハンディクリーナーを用意するとストレス知らず!
    2. 猫砂がしっかり吸える吸引力のものを選ぶ
    3. フィルター掃除が簡単なものじゃないと手入れしきれない
    4. ワンタッチでゴミ廃棄できるものが使い勝手が良い
    5. 繰り返しの充電に耐えられる掃除機にしよう
    6. 邪魔にならない保管の仕方ができるものを買う
  5. 掃除機を選ぶときに注意したいポイント
    1. スティック掃除機だから頻繁に掃除をするとは限らない
    2. サイクロン型は、猫砂の粉塵でフィルター、ごみ受けの掃除が恐ろしく面倒
    3. コードレス掃除機は使用頻度が低くても充電器が先にダメになる事が多い
  6. ビビネコ愛用、三菱BeーK紙パックとシャークハンディ
    1. 三菱BeーK紙パック
    2. シャークハンディ
    3. もし今の2台が壊れてももう一度同じシリーズを買いたい
  7. まとめ:ビビネコがオススメする掃除機のポイント

猫を飼っていると掃除機が壊れやすいのは、猫砂の粉塵が原因

サイクロン掃除機を使っている方、ゴミを捨てるとフィルターやダストパックにびっしりと粉が付いていて、うんざりしますよね。

あのびっしり付いた粉は猫砂の粉塵。
あの粉がフィルターの目詰まりを起こして、モーターに負担をかけます。普通の粉ならまだしも、猫砂の粉塵は水分を吸って固まるのでさらにやっかい。

目詰まりすると、吸引力が落ちるので、今度は普通のゴミ、猫の毛などは吸わなくなってイライラ…。

モーターが頑張れば、当然電気も余計に使いますから充電器の寿命も短くなるでしょう。
せっかく買った高い掃除機も、あっという間に壊れてしまいます。

定期的な掃除にはキャニスター式紙パック掃除機が良い

キャニスター式掃除機の方が圧倒的に長寿命

世の中、「最先端の掃除機」としてスティック掃除機が大人気ですね。しかし、ビビネコはキャニスター式掃除機を強くおすすめします。

理由は

  • 充電器が無いので長寿命
  • 使用中に電池切れになったりしない

ビビネコも大手メーカーのスティック掃除機を使った事がありました。

3回に1回はダストカップ、フィルターを丸洗いしてきっちり乾かし、充電器は2つを交互にまんべんなく使うように心がけて…なのに、1年しか持たなかったのです!

メーカーに持って行って一度は保証で直してもらいましたが、また同じ。結局、掃除機自体は壊れていなくても、充電ができなくなってしまうのです。

職場でも某有名メーカーのスティック掃除機使っていましたが、やはり充電ができなくなる。
何万も払って1年しか使えないのでは、もう不良品じゃないかと思ってしまいます。

それに懲りたビビネコは、キャニスター式掃除機を購入。もう8年以上使用していますが、毎日快調に働いてくれています。

紙パック交換はフィルター交換しているのと同じ!

キャニスター式掃除機を買う時に悩んだことがもう一つ。

サイクロン式か、紙パック式か。

サイクロンの方が何となく良い物を持っている感じがしますが、

結論、絶対に紙パック式がおすすめです。

紙パック式の良い所
  • 紙パックを交換すると、フィルター交換しているのと同じことに!
  • ゴミ捨ての時、ほこりが舞いにくく、捨てるのが楽。
  • 面倒なフィルター掃除、ダストカップのお手入れが一切要らない

最初に書いたように、猫を飼っていると猫砂の粉塵がフィルターやダストカップに付きやすいですよね?それをこまめにお手入れしないと、掃除機の寿命が短くなってしまいます。

でも紙パックなら、お手入れが要らないばかりか、紙パックを交換すると、フィルター交換しているのと同じな訳です。

紙パック式でも吸引力は言うほど落ちない

紙パック式を購入するか検討するときに問題に上がるのが、

「ゴミが溜まってくると、吸引力が落ちるのではないか」ということ。

結論、吸引力、全く落ちません。日本の掃除機最高です。

確かに、紙パックからゴミが溢れるほど溜めてしまったら、多少落ちるでしょう。
しかし、普通に使って適度にいっぱいになった所で紙パックを交換すれば、なんの問題もありませんよ。

猫砂も猫毛も良く取れる吸込仕事率は、500W以上

いくら長持ちしても、ゴミを吸ってくれなかったら意味がありませんね。

ビビネコが使っている掃除機の吸込仕事率は500W。十分な吸引力で、ストレスなくお掃除ができます。

モーターに強いと言われる日立は、さらに上の620Wなども発売されています。

猫飼いは吸込仕事率500W以上の掃除機が必須!!

粉塵を吸い込んでも壊れないタフさものを買う

こちらは、モーターの問題になりますね。

粉塵を吸い込まないのは無理なので、ある程度強いモーターを搭載している必要があります。

  • 大手電気屋さんのお墨付き、ビビネコ家先代掃除機モーターの日立
  • ビビネコが現在実際に使って非常に良いのは三菱

この二つのメーカーは使用経験済み、そう簡単には壊れません。

猫の毛を掃除するなら、絶対にパワーモーターブラシを選ぶ

あなどってはいけないのが、ヘッドブラシの種類。

自走式かどうかどちらでも良いが、自走式の方が軽く進む
エアータービンブラシかパワーモーターブラシか絶対にパワーモーターブラシ
ブラシのお手入れ毛が絡みにくく、ゴミを取りやすいほうが良い
ヘッドの違い
  • 自走式…床にヘッドを置くと、自動でスイスイ進むので手や腕に負担がかからない
  • エアータービンブラシ…吸引した空気の力を利用してブラシを回転させてゴミを取る。ヘッドを軽量化できるが、ゴミのかきとりが弱いので、猫毛、猫砂を取り逃しやすい。
  • パワーモーターブラシ…ヘッドにモーターが搭載されていて、電気の力でブラシを回転させてゴミを強力にかきとります。フローリングにも使えますし、じゅうたんや畳ではそのパワーが存分に発揮されますよ。ヘッドが重くなりがちですが、メーカーにより差があります。
  • 床ブラシ(フロアブラシ)モーターも回転ブラシも無いタイプです。キャニスター型でこのタイプのヘッドを選んではいけません。

本体もハンドル、ホース、ヘッドも軽い方がお掃除が断然楽!

機能ばかりに目が行きがちですが、「軽さ」はとても大切な要素です。そもそも、重いと掃除機を出さなくなる。これはスティック掃除機も同じですよ。

ビビネコは店頭で重さを確認して、軽くて小さい掃除機を購入しました。

「キャニスタータイプなら、重さはあまり気しなくても良い」という記事もありますが、皆さん、そんな事ないですよ!重いと仕舞いっぱなしになりますよ!軽いものを選んで下さいね!

基本の性能が良くて軽い!それが理想的な掃除機だと思います。

本体重量2.5kg以下なら、掃除がおっくうにならない

フラットヘッドなら家具の下にも入る

できれば、ヘッドとホースがフラットになって、ベッドの下に入った方がより良いです。猫の毛は至る所に入り込みますからね!

猫飼いさんは、掃除機を2台体制にするのがおすすめな理由

掃除機でキレイにお掃除した直後に、ネコがトイレから出てきて床に砂がバラバラ…
あ~、せっかく今掃除したところなのにー(涙)。よくありますよね。

こんな時、2台目のサブ掃除機を用意しておくことでイライラせずに問題が解決します。

2台目は、ちょこちょこお掃除に最適なコードレスハンディクリーナー

ほぼ猫砂専用にハンディクリーナーを用意するとストレス知らず!

大きい掃除機を出す程ではないけど、手で拾うにはちょっと面倒…
他はきれいなのに、猫トイレの周りだけ猫砂が飛んでいる…

そんな時はハンディクリーナーを使いましょう。
さっと手に取って、吸い込んだらまた戻して終わり。とっても簡単です。

猫砂がしっかり吸える吸引力のものを選ぶ

ハンディクリーナーは、デザインばかりで吸引力が今一つなものもあります。必ず猫砂を吸いきれる吸引力のものを選びましょう。

猫砂を吸うだけなら、モーターブラシやエアータービンの必要はありません。かえってそれだと重くなってしまうので、ただひたすら砂を吸えるかどうか。ここに注視しましょう。

フィルター掃除が簡単なものじゃないと手入れしきれない

フィルター掃除が簡単なもの、構造が簡単なものの方が扱いやすいです。猫砂の粉塵も一緒に吸う事を考えて確認して下さい。

ワンタッチでゴミ廃棄できるものが使い勝手が良い

ハンディでも紙パックの製品がありますが、それは不要とビビネコは考えます。

ササッと掃除をして、その手ですぐゴミをワンタッチで捨て、フィルターもちょっと拭いてしまう。それが掃除機を長持ちさせるコツでもあります。

繰り返しの充電に耐えられる掃除機にしよう

充電式のコードレスクリーナーには、すぐに充電ができなくなって使えなくなる粗悪な製品が割とあります。口コミをしっかりチェックして、長く使える製品を選びましょう。

邪魔にならない保管の仕方ができるものを買う

いくら小さくても、保管が上手くできないと結構気になります。
できればスタンド式の充電ドックがあるのが理想的です。

シャークハンディクリーナーの実際の使い心地など、詳しい内容はこちらへどうぞ。

掃除機を選ぶときに注意したいポイント

スティック掃除機だから頻繁に掃除をするとは限らない

ここ数年大人気のスティッククリーナー。おしゃれですし、さっと手に取ってお掃除できるとコマーシャルされています。

キャニスター式の掃除機より取り廻しやすいのは確かです。コードが無いので、他の部屋に移動する時にコンセントを差し替える必要ありませんし。

しかし、猫砂だけの時。
意外とスティック掃除機持ってくるの面倒なんです。

某有名メーカー掃除機なんて、結構重いんですよ。結局一日一回の掃除にしか使わないなら、キャニスター式でも変わりません。

サイクロン型は、猫砂の粉塵でフィルター、ごみ受けの掃除が恐ろしく面倒

お好みなので、絶対にサイクロンが良い方はそれでいいと思いますが、ビビネコは紙パック派です。

以前に使っていたサイクロン式のスティック掃除機。猫砂の粉塵でフィルター、ダストカップの掃除が大変でした。
「毎回丸洗いできるので、きれい好きの方におすすめ!」って、毎回洗います?

いかにゴミを捨てる回数を減らすかっていう掃除機が出ているくらいなので、
「フィルター、ダストカップの掃除不要!」の方が現実的な気がします。

コードレス掃除機は使用頻度が低くても充電器が先にダメになる事が多い

いくらすごい機能があっても、見た目が素敵でも、充電器が弱って吸い込まなくなったら使えません。
口コミを必ずチェックしましょう。

ビビネコ愛用、三菱BeーK紙パックとシャークハンディ

ビビネコ家で活躍中、長く使える性能の良い掃除機を紹介しますね!

三菱BeーK紙パック

ビビネコ家のBe-Kは2015年製なので、もう8年使用していますが、全く吸引力落ちませんし、最高に使い勝手が良いです。

本体もヘッドもハンドルも軽い、吸引力500Wで快適モーターブラシでカーペットにも強い、紙パック式とパーフェクトだと思っています!

実際の写真や、良い点、今一つな点など、詳しい内容はこちらになりますよ。↓↓↓

シャークハンディ

ビビネコ家で使用している猫砂は「デオサンド紙砂」です。この猫砂なら、スイスイ吸い取ってくれます。結構粉塵も出ますが、フィルターが金属製で、ティッシュでさっと拭き取るだけでお手入れも簡単ですよ。

ビビネコ家のシャークは型番が古くてこちらでした。↓↓↓

もし今の2台が壊れてももう一度同じシリーズを買いたい

スティック掃除機を使用していた時は、あまり吸わないのに音が大きい、意外と場所を取る、すぐダメになるでストレスでしたが、今の2台体制にしてからとても快適です。

夜遅くに猫砂を掃除したい時は「ほうき」を使ったりもしますが、買い替えのタイミングが来たら、またこのシリーズ2台を買います。

まとめ:ビビネコがオススメする掃除機のポイント

メイン掃除機を買うなら
  • コード有りのキャニスタータイプ
  • 紙パック式
  • 本体重量2.5kg以下
  • 吸込仕事率 500W以上
  • パワーブラシ(モーターブラシ)
  • フラットヘッド
サブ掃除機には
  • コードレスハンディクリーナー
  • 口コミを確認して、充電器が長く持つもの
  • フィルター、ダストカップの手入れが簡単なもの
  • 吸引力が強いもの

新しい掃除機ほど、様々な機能が付いて強調されがちです。
しかし正直、上の条件がクリアされれば十分だと思います。沢山機能が付いていても、ビビネコは使いきれません。

猫飼いの皆さんは毎日お掃除大変だと思います。ストレス無く毎日を過ごせるよう、良い掃除機を選んで下さいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました